• トップ /
  • 通信制高校受験の入試内容

通信制高校の入試のやり方

通信制高校受験の入試内容

通信制高校の受験対策とは

通信制高校は、自宅など学校以外の場所で勉強しながら高校を卒業することができる機関です。授業の受け方や単位の取得方法は通常の高校と異なります。入試では一般的に学力の筆記試験と面接が実施されます。受験資格は通常の高校と一緒で、中学校を卒業しているか卒業見込みであれば年齢などを気にしなくても大丈夫です。通信制高校の入試では筆記試験より面接の方が重要視されることが多いです。面接では入学を希望する理由などを聞かれます。あくまでも入学の意思を確認する面接試験だと思って大丈夫です。服装などは特に気にする必要はないでしょう。服装は面接官が不快に思わないように、清潔感や身だしなみに注意しておくと安心です。面接で服装について聞かれた場合は、素直に答えて問題ありません。面接で大切なことは、通信制高校に入学したいという意思をしっかりと伝えることです。通信制高校の受験を決めたら、まず入試内容の確認をしましょう。面接や学力試験は難しいものではありませんが、準備をしていないと不安になります。学校の場所や入試内容をしっかり把握して、気持ちに余裕を持って受験に備えることが大切です。通信制高校は年に数回ですが、学校に通う必要があります。受験前に一度、学校に足を運んで実際に通えるかどうか検討しておくことも大切です。

通信制高校の凄い情報

↑PAGE TOP