• トップ /
  • 通信制高校の受験では面接が大切

通信制高校の受験で大切なこと

通信制高校の受験では面接が大切

通信制高校の入試ポイント

通信制高校を受験するさいに気になるのは入試の内容です。学校や都道府県によって違いますが、簡単な学力テストと作文、面接が実施されるケースが多いようです。中には学力テストがない場合や、私立では書類選考と面接のみといった場合もみられます。どのケースの入試でも面接があることから、通信制高校の受験では面接が重要視されるとみてよいでしょう。対策としては、よく聞かれる質問を想定して、答えを準備しておくことです。例えば、「なぜこの学校を選んだのか」「卒業まで頑張って勉強する意思はあるのか」「卒業後の進路はどのように考えているか」などです。模範的な回答をする必要はないので、試験官の顔を見て自分の思ったことをありのままに答えられるようにしておきます。服装としては在籍していた学校の制服か相手に失礼のない清潔な私服をきることができます。ピアスなどのアクセサリーは外すか控えめなものにしておくほうがよいでしょう。入室時には「失礼します」、退室時には「ありがとうございました」とあいさつのマナーも大切です。通信制高校の入試は比較的合格率が高くなっています。それでも受験することにかわりはありません。対策をきちんとすることで合格に近付きますし、その高校に入りたいという意識を高めることができるでしょう。

通信制高校の凄い情報

↑PAGE TOP